貸切バスの特徴を知る

貸切バスは、時間や日数や距離に応じてバスを1台まるまる貸しきるバスの事を言います。
団体やツアーのグループや学校の修学旅行にも適している移動手段です。

主に団体客が旅行などを目的としたバスサービスのことでも個人の観光だけでなき企業の研修旅行などでも利用されています。
貸切バスの人数は少ない例で言うと10人から多い所では100人名での利用も可能です。
一概に観光バスといっても人数にはかなりの差があるようです。

貸切バスを業務、運営するバスの会社は、依頼者の要望するバスの日数や時間や距離に応じてバスを1台ごと貸しきって料金を得ています。
一般的には運転士1名とバスガイドが運行することが多いです。
夜間の場合は運転士が2名の場合もあるようです。

広々とした完全貸切のプライベート空間で快適な移動時間を過ごせます。
また、車いす用のリフトが付いた福祉車両を保有しているバス会社もあります。

路線バスの場合は設定されている停留所でしか乗り降りできないため、自宅や旅の目的地までは自分で移動しなければいけません。
貸切バスの場合は依頼者が希望する区間や距離を走行するので、自宅前で乗り降りすることも可能です。
この点でも旅行を目的として使う場合は効率がよく、また融通が効きます。